お問い合せはこちら ≫  

TEL 0568-51-1158
※お気軽にご相談ください。

営業時間 平日 9:00~19:00、土曜 9:00~17:00

お客様の声

湿疹改善の症例

50代女性

令和元年12月1日より一週間ピロリ菌の除菌で3種類の新薬を服用する。服用中、腸の調子が悪く整腸剤を服用しても、下痢となる。

ピロリ菌の内服薬終了後12月8日ほこりっぽいところを掃除し夜中に目が痒くなりこすってしまう。

12月9日朝から目が痒く瞼が腫れ抗炎症剤のステロイド点眼あわせて抗菌製剤を点眼する。

10日には目の周りが腫れて頬の辺りも赤くかゆみが増す。抗アレルギー剤を朝晩服用して整腸剤も継続内服する。

11日水曜日には、身体全体に薬疹のような赤い発疹ができる。抗アレルギー剤を内服。膝・肘・耳かなり痒い状態で抗ヒスタミン剤も内服する。

症状が出て4日目より当薬局の「薬草煎じ」を服用開始する。本人の感想では飲みやすいと話される。

食べ物は甘いもの脂っこいものは止め、卵も止め、ささみ、豆腐、野菜を中心の食事とする。

12日から「薬草煎じ」を始め18日頃まだ赤みが引かない。18日から23日までの間、まだ痒いが少しずつ良くなっている。12日目には、皮を剥ぐように赤み痒みが引いてきた。

12月25日頃には鶏肉もケーキもチーズも食べられるようになる。12月25日には、ほぼ完治し、かゆみ赤みは引いてもう何を食べても大丈夫であると、大変喜ばれた。

この患者さんは突然のアレルギーの疾患でびっくりされ色々試みましたが最後は「薬草煎じ」をしっかり飲まれ3週間で完治してみえます。
必ず良くなると信じて服用していただくことが大切です。

急性の皮膚炎症は比較的治癒が早いですが、慢性的に症状が続いている方は、1か月、3か月、半年、1年の単位で様子をみて改善を考えましょう。


アトピーについてはこちら

自給自足・自然体な生活は自然薬で

専業主婦です。若い頃、献血を30回ほどしたことがあります。今は小学校の登下校の見守りボランティアをしています。

健康維持を考えて、できるだけ自給自足でしかも無農薬の野菜を摂るように心がけています。いざこれを実行するとなると、なかなかむずかしいのですが、何事にもプラス思考で取り組もうと心がけています。
母親から受け継いだいろんなものを、《もったいない精神》で可能な限り再利用するよう努めています。最近はお菓子の空箱を利用して《ちりとり》をつくるようなことにも発展していきます。この《ちりとり》、なかなかカラフルで結構機能性もあるので、いろんな方面から好評いただいています。

自然薬服用は、私の毎日の生活の一部として組み込まれ、習慣化しています。だから、採血、血圧、動脈硬化などの検査では、いずれも見事に《異常なし》です。
自給自足・自然体の生活を、自然薬が守ってくれています。


体じゅう真っ赤に腫れたアトピー性皮膚炎が改善して大喜び

2歳になる次男は生まれた時から両足の足首にあかぎれのような赤い切れ目が帯状にありこの子は肌が弱いかもと、看護師さんに言われたものです。やはり生後3ヶ月目には本格的なアトピー性皮膚炎になってしまいました。足首の傷が治ったと思ったらだんだん肌が乾燥して鮫肌のようになりうろこが、はがれるように皮膚がポロポロとむけました。頭皮にも湿疹が出始め最初はカサカサしていたのが脂漏性湿疹と呼ばれる濡れたようなかさぶたになりました。3ヶ月検診のころが一番ひどく湿疹は全身に広がってしまい、ほお、背中、上腕、足の甲などが特にひどく指の先まで湿疹に覆われてしまったのです。

全身は真っ赤になり湿疹の部分は地割れのようにひびが割れて透明な汁が出ました。担当の先生に何年も検診しているけど、こんなにひどい子は見たことがないと言われました。かかりつけの小児科の先生からもらったステロイド剤の軟膏も副作用が怖いので結局1〜2回使っただけです。そんな時に葉緑素健康食品・酵素飲料をご紹介頂き、飲ませ始めました。飲ませ始めて半年たった一歳頃から目に見えた変化が現れました。便秘気味だったのがお通じが良くなり毎日、時には1日に何回も排便するようになったのです。この頃から頭髪もあまり抜けなくなりました。そして一年たった一歳半頃から急激に効果が現れかゆみを訴えることが

どんどん減ってきたのです。一歳半検診に連れて行った頃には湿疹は嘘のように治ってちょっと湿疹がある程度で肌も少し丈夫になってきた感じでした。保育園にも入り運動量も増えたせいか息子の状態は一段とよくなり今では湿疹が全て消えツルツルの肌になりました。あんなにひどかったのにとびっくりされ、かかりつけの医師も大変不思議がっておられました。葉緑素健康食品は粉末状のもので一袋を3回に分けをおちょこに入れて水で溶かしスプーンで飲ませました葉緑素健康食品に慣れた頃一包をコップ一杯のお水や豆乳、時には酵素飲料で甘くを味を付けて飲ませました。食事制限は一切しないで鯖とかイワシなどの青魚のどんどん食べさせました。

なるべく体を動かすようにして湿疹のひどい時でも公園などにどんどん連れて行きました。合わせてカルシウム剤、漢方薬なども時にアドバイスを頂き飲ませて総合的に効果があったものと思っております。現在も子供に予防の意味で出川薬局さんの葉緑素健康食品を飲ませております。

アトピーについてはこちら

死を覚悟するほどだった肝硬変が軽快し仕事にも見事復帰

妻が膠原病にかかってしまい3人の子供たちを面倒を見ながら仕事を続けた私も不眠症気味になってしまい、いつしか寝酒が欠かせない習慣となりました。毎日子供達が寝た後にビールを大瓶で2本日本酒を2合といった具合に1日と空けず晩酌をしたものです。家内は治療の甲斐もなく帰らぬ人となりました。私の寝酒の習慣は家内の死後も変わらず残ってしまいました。そして私は食道の静脈瘤が破裂して大量の血液を吐き病院に担ぎ込まれたのです。診断では肝硬変が原因の静脈瘤破裂ということでした。

退院後から2週間に一度は病院に通い薬をもらったり肝臓の状態を見るため血液検査を受けたりしました。しかし良い結果は見られず再び翌年、翌々年にも静脈瘤が破裂し合計4回、8ヶ月も入院することになりました。さすがに4回目の入院の時はもうだめかと覚悟さえしました。最初の入院の時以来、お酒は絶っていましたし、病院の薬もきちんと飲んでおりました。肝臓のために良いものをとらなければ再び静脈瘤破裂が起こる気がして、いてもたってもいられない気持ちでいっぱいでした。そんな時に甥の友人の出川薬局さんから葉緑素健康食品の紹介を受けました。肝臓にいいから飲んでみればと勧められていたのでした。ただし自分で葉緑素健康食品を毎日作るのは無理です。私は早速、この健康食品をお取り寄せました。

これを毎日一本ずつ飲み始めたのです。すると葉緑素健康食品を飲み始めてから不思議と体調が良くなりました。さらに驚いたのは飲み始めて2ヶ月も経つとそれまで汚い茶色だった尿が淡く綺麗な色になってきたのです。気を良くした私は熱心に葉緑素健康食品を飲み続けました。そして葉緑素健康食品を飲み始めて2年後嬉しいことが起こりました。肝臓の機能を示すGOT・GPTとの検査値が下がり出しました。私は葉緑素健康食品のおかげに違いないと思い感謝の気持ちでいっぱいになりました。その後ももちろんこの葉緑素健康食品を飲み続けました。肝機能を示す数値は少しずつ下がり続け、下がり出してから半年後には健康な人にかなり近い数値になったのです。その後二度と静脈瘤の破裂もありませんし、毎日元気で働いています。

2年前から通院していた慢性膵炎が改善しました

私は60過ぎの女性です。2年前から食後に胸焼け、酸っぱい、げっぷが出たりして、診断の結果は慢性膵炎と診断されました。内服薬を続けましたが、なかなか良くなりませんので困って、近所の出川薬局さんに相談したところを葉緑素健康食品を勧められ2ヶ月間真面目に服用しました。すると、2ヶ月目には、嘘のように胸やけの症状が全く取れました。大変喜んでおります。

年子で今度は女の子が誕生しました

結婚後7年以上になりますが子供が出来ないので病院で不妊症の治療を受けておりました。少しでも早く子供がほしいので出川薬局さんに相談しました。葉緑素健康食品と漢方薬を紹介を受け服用を始めました。服用2ヶ月目から排卵が正常になり、3ヶ月目には妊娠 しました。妊娠中も1日4包に増やして服用しました。 元気な男の子が生まれ 授乳期には葉緑素健康食品服用で母乳もよく出て 産後の肥立ちも良かったです 。 年子で今度は女の子が誕生しました。主人も一緒に服用して 、疲れが取れて便通もよくなると喜んでおります。